水虫に有効な治療薬としてニゾラールが最近話題になってきています。その効果は果たしてどのくらいなのか知りたいかと思います。水虫以外にもカンジダや皮膚炎などにも効き目がありますので、詳しく見ていきましょう。

ニゾラールの画像

ニゾラールと刺激とダッピーについて

湿気の多い日本では、男女を問わず多くの人が水虫で悩んでいます。
水虫は、白癬菌が原因で発症します。
白癬菌は高温多湿の環境を好むため、高温多湿になりやすい靴の中は、白癬菌にとって繁殖しやすい場所なのです。
水虫の治療薬として有名なのが、ニゾラールクリームです。
ニゾラールクリームの有効成分は、ケトコナゾールです。
ケトコナゾールは、イミダゾール系の抗真菌薬で、カンジダにも効果を発揮します。
ケトコナゾールは、副作用が少ない治療薬なので、様々な治療に使われています。
クリームタイプだけでなく、ローションやスプレータイプもあります。
最も使われているのは、クリームタイプです。
ローションタイプは浸透力が高いので、角質化している部分に適しています。
ただ、刺激が強いので注意が必要です。
早く治そうと勝手に使用量を増やしたりすると、皮膚が荒れる原因になるので、決められた使用量は必ず守るようにします。
水虫の治療薬は、広めに塗るのがコツです。
ニゾラールを使って2週間以上たっても症状が改善しない場合は、医師に相談した方がいいです。
水虫は感染するので、バスマットなどは常に清潔に保っておくことが大切です。
足裏の角質ケア商品として人気が高いのが、ダッピーです。
ダッピーは、不要になった古い角質を自然に落とすフットピーリングです。
ダッピーは、足裏を清潔にして専用のビニール靴下を履きます。
角質液に1時間くらい足を浸して水で洗い流すだけで、足裏の古い角質が剥がれていきます。
足サイズは、30cmまで対応しているので、男性でも安心して使用することができます。
ダッピーは、衛生環境が整った日本国内の工場で製造されています。
1個ずつ手作業で充填と検品を行っているので、安全性が高いです。