水虫に有効な治療薬としてニゾラールが最近話題になってきています。その効果は果たしてどのくらいなのか知りたいかと思います。水虫以外にもカンジダや皮膚炎などにも効き目がありますので、詳しく見ていきましょう。

ニゾラールの画像

二次感染で症状が悪化したら医師からニゾラールを

白癬菌の感染によって発症する病気にはさまざまなものがあいます。
みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし、脂漏性皮膚炎などがそうです。
また、カンジタ菌の感染が原因に指間びらん症、皮膚カンジダ症、癜風などの疾病も、いまだに少なくはありません。
こういった白癬菌やカンジタ菌が原因となってあらわれてきた症状の治療には、ニゾラールが使用されることが多いです。
ニゾラールとは真菌を殺菌する塗り薬のことで、皮膚真菌症の治療の場面でよく使われています。
二次感染で皮膚真菌症を起こした場合は、たとえば、水庖であったものが膿庖になるなど、容易ならざる事態に発展することもあります。
ニゾラールは、このような皮膚真菌症の治療で用いられます。
有効成分は、ケトコナゾールというイミダゾール系の抗真菌薬なのです。
大きな特徴としては、強力な抗真菌活性と広範囲にわたる抗真菌スペクトルに尽きます。
水虫を起こす原因菌の白癬菌や、カンジダや癜風菌にも効果を発揮しているのです。
菌を殺す形で作用していますので、正しい使い方をすれば、ほぼ完全に治癒いたします。
実際に、多くの治療実績をあげています。
ニゾラールを塗るのは、お風呂から上がった直後が望ましいです。
角質層が柔らかくなっていますので、薬剤がよく浸透しやすいからです。
ニゾラールは塗り薬であり、刺激痛などの副作用も少ない点も、好意的に評価されています。
塗るだけですので、使い方も非常に簡単です。
塗布時のほんの軽い刺激感がありますが、それでもって苦痛を訴える人はほとんどいません。
ごくまれに、ニゾラールを塗ったことで、かぶれを起こす例もあります。
もし、赤みや痒さがひどいようであれば、すぐに医師に相談するのが確かです。